ボランティア活動

協会で活動している3つのボランティアを紹介します

史跡解説ボランティア
「大宰府史跡解説員」

大宰府史跡解説員は公益財団法人古都大宰府保存協会の委嘱を受けたボランティアで、昭和58年4月から昭和60年3月に開催された九州歴史資料館10周年記念「大宰府アカデミー」の受講生から昭和60年3月18日に誕生しました。太宰府市を訪れる方々や在住の方々に対して「大宰府のすばらしさを多くの方々に伝えたい」という熱い思いを持って日々活動しています。財団が主催する「史跡めぐり」講座での解説や、個人やグループ・学校から依頼がある解説、また大宰府展示館・水城館・太宰府館の来館者に対して展示の解説を行っています。現在76名の解説員で活動を行っています。

万葉植栽ボランティア
「ゆづるはの会」

太宰府市には市域面積の約17パーセントを占める貴重な史跡地がありますが、公有化されたものの未整備のままの状態の土地に、ゴミが放置されるなどの事態が生じたこともありました。そこで、その史跡地を有効に活用し、また歴史の散歩道をたどる人々が、大宰府政庁などが建っていた頃の野山の風景を少しでも想像していただけるようにと、平成7年7月から「万葉の花講座」を開催し、万葉植物の勉強をし、実際に苗を植え始めたのがこの会の始まりです。平成21年度よりこの会の名称を「ゆづるはの会」としました。史跡地に彩りを添え、季節ごとに変わる万葉の草花を市民や観光客の方に楽しんで頂いています。

太宰府市文化遺産調査
ボランティア

文化庁による『文化財総合的把握モデル事業』において、太宰府市がその実施団体に選ばれ、事業の一部を保存協会が受託したことをきっかけとして、この事業に関わっていただくボランティアを平成20年に募集し、活動が始まりました。市内外のボランティアの方々が、市内に7つある小学校区を基本に、日田街道・四王寺山・東ヶ丘・御笠川を加えた11の班に分かれて調査を行い、“まちあるき”を始めることにより、それにつながる、モノ・コト・ヒトに注目しながら「調べ」「伝え」「見守る」活動を行っています。この事業を通し、社会全体での文化財の継承を目指しています。これまでに6000件を超える文化遺産が記録されています。

ボランティアの日々の活動をお伝えします

2019年4月

2019年 04月21日
平成31年度 第3回 ソバの種まき
 今日は春ソバの種まきを行いました。残念ながら参加者が少なく職員3名含めて11名での活動となりました。
種をまく前に、ソバ畑中段のベニバナが雑草に埋もれている状態だったので、まずは全員で雑草取りを行いました。ベニバナの葉を斉城先生に教えてもらい、雑草と間違えないように注意しながらの作業です。雑草はヨモギやスギナが多く、晴天続きで土が固くなっていて、土を掘り起こすようにしないと抜けないので、苦労しました。まだ4月なのに日差しは夏!!顔や手が焼ける感じでした。合間の水分補給の休憩は必須です。
 続いて、そばの種まきです。いつも通りの手順で行いました。種が入った紙袋を持ち、各自担当する左右2畝に適量の種をばらまきます。もう皆さん手慣れたもので、2畝をまき終わる紙袋の中の種は、余るでもなく不足するわけでなく、ちょうど良い感じで無くなります。
 種まき後すぐに鳥(ムクドリ5~6羽・ハクセキレイ1羽)が飛来し、盛んに種をついばんでいる様子です。追っ払っても、すぐ戻ってきます。午後に浅い耕耘作業をしてもらう予定ですが、鳥のついばみは続くと思われます。週間予報では3日後が雨模様なので、それまでに食べつくされてなければいいのですが・・。作業後は、お茶菓子を手にのどを潤し、次週の臨時活動は政庁跡八つ橋の花菖蒲園の草取りをする連絡をして終了しました。
 最後に、ソバ畑の上段の菜の花が満開です!政庁通りからも黄色い花を望むことが出来ますよ。ぜひご覧ください!

       

       
2019年 04月17日
平成31年度 第2回 野草園の手入れと洗い場作り
 新元号「令和」がらみで大宰府展示館は大賑わいです。朝の確認事項などで、出発が遅くなり、植栽畑についたのは時間ぎりぎりでした。畑に到着すると、斉城先生はじめ男性ばかり!「今日は女性は来ないのかな、男だけでするのか?!」と首をかしげていたところ、ボチボチと女性も揃いはじめ、結局男性9名女性7名の合計16名となりました。
 今日は植栽畑と野草園の手入れです。姫野さんが自走式の草刈機、職員が刈払機で全面の草刈りをして、それ以外の皆さんは各自担当の円形花壇をははじめとして、植栽した草花の周りの草取りを行いました。      
 野草園の手入れと並行して、植栽畑の水道栓の下を道具の流し場にしています。毎回、道具を洗う作業で足元がびしょびしょになり、周りの土が流されてぬかるみが出来る状態でしたので、整備事業で使う縁石・セメント・砂利・砂を利用して、方形の立派な流し場を作成しました。鈴木さんが親方で、中村さんと職員の猿渡が弟子となり、楽しみながら作り上げました。
 姫野さんから政庁跡の八つ橋花菖蒲園の草刈りをして欲しいとの要望がありましたので、来週予定している連休前の臨時活動日に行うことにしました。
 
   
   
 
 
2019年 04月03日
平成31年度 第1回 観世音寺裏の花菖蒲園&花見
 新年度第1回目の活動です。一昨日に5月からの新元号「令和」が発表になり、その典拠が「万葉集」の「梅花の歌三十二首 序文」ということで大宰府跡、展示館、坂本八幡宮は花見客以上にどっと人出が増えています。万葉集に関わる新元号に私たちも心弾んでいます。
 そんな新元号の話題を口にしながら、今日は観世音寺裏の花菖蒲園の手入れです。姫野さんが機械で草刈後に残ったカラスノエンドウやウマノアシガタ(キンポウゲ)の株を刈ったり抜いたりして取り除きました。ハナショウブの新しい葉が伸びてきていますが、30cmくらい伸びたこれらの草に覆い隠されていたので、作業が済んだところははっきりハナショウブの株があることが分かるようになりました。
 また、今日はCATVの取材が入りました。職員で学芸員の田中への取材の後、会員代表の形で斉城先生に日頃の活動の様子や新会員を募集していることなどを作業中の皆さんを背景に話ししてもらいました。
 後半は、政庁跡に場所を移しての花見です。日管寺裏の万葉歌碑の上段にある東屋前にブルーシートを拡げます。高台にあるので、坂本八幡宮の人波や満開のソメイヨシノを見下ろしながら、ノンアルコールで乾杯し、弁当を広げて新元号を話題に盛り上がりました。解説員でもある職員の森が新聞のコピーを配り、「梅花の宴が開かれたとされる長官の官邸跡は坂本八幡宮は候補地の一つであり確定されてはいません。展示館の所在地も候補の一つですよ」との解説もしました。ここにはオオシマザクラもあり、万葉歌碑の左右の枝垂桜もあり、これらも満開でした。
 今年も楽しく、新元号も話題に植栽活動が新しい段階に進むのではないかと胸膨らませた第1回目となりました。