ボランティア活動

協会で活動している3つのボランティアを紹介します

史跡解説ボランティア
「大宰府史跡解説員」

大宰府史跡解説員は公益財団法人古都大宰府保存協会の委嘱を受けたボランティアで、昭和58年4月から昭和60年3月に開催された九州歴史資料館10周年記念「大宰府アカデミー」の受講生から昭和60年3月18日に誕生しました。太宰府市を訪れる方々や在住の方々に対して「大宰府のすばらしさを多くの方々に伝えたい」という熱い思いを持って日々活動しています。財団が主催する「史跡めぐり」講座での解説や、個人やグループ・学校から依頼がある解説、また大宰府展示館・水城館・太宰府館の来館者に対して展示の解説を行っています。現在76名の解説員で活動を行っています。

万葉植栽ボランティア
「ゆづるはの会」

太宰府市には市域面積の約17パーセントを占める貴重な史跡地がありますが、公有化されたものの未整備のままの状態の土地に、ゴミが放置されるなどの事態が生じたこともありました。そこで、その史跡地を有効に活用し、また歴史の散歩道をたどる人々が、大宰府政庁などが建っていた頃の野山の風景を少しでも想像していただけるようにと、平成7年7月から「万葉の花講座」を開催し、万葉植物の勉強をし、実際に苗を植え始めたのがこの会の始まりです。平成21年度よりこの会の名称を「ゆづるはの会」としました。史跡地に彩りを添え、季節ごとに変わる万葉の草花を市民や観光客の方に楽しんで頂いています。

太宰府市文化遺産調査
ボランティア

文化庁による『文化財総合的把握モデル事業』において、太宰府市がその実施団体に選ばれ、事業の一部を保存協会が受託したことをきっかけとして、この事業に関わっていただくボランティアを平成20年に募集し、活動が始まりました。市内外のボランティアの方々が、市内に7つある小学校区を基本に、日田街道・四王寺山・東ヶ丘・御笠川を加えた11の班に分かれて調査を行い、“まちあるき”を始めることにより、それにつながる、モノ・コト・ヒトに注目しながら「調べ」「伝え」「見守る」活動を行っています。この事業を通し、社会全体での文化財の継承を目指しています。これまでに6000件を超える文化遺産が記録されています。

ボランティアの日々の活動をお伝えします

2019年3月

2019年 03月20日
平成30年度 第26回 花菖蒲園とノカンゾウの手入れ
 春が来た!という今日の太宰府の天気です。風はほとんどなく暖かい日差しが降り注ぎ、菜の花の黄色が目に強く入って来ます。今日はテニスコート下の花菖蒲園の手入れとコート南斜面のノカンゾウの手入れをしました。
 花菖蒲園は昨日姫野さんが株の間を耕運機をかけてくださっていたので、女性陣が株の周りに残った雑草を取りのぞき、株が消えたところには斉城先生に大きな株を裂いて補植してもらいました。株がなくなっている個所が結構あるのに対し、大きく広がった株がいくつもあるのには不思議です。これらの作業を、女性カメラマンの安本さんが撮影されました。というのが、本年度の発掘50周年記念事業の一環として、発掘開始から50年経過した今の大宰府史跡地を記録映像として残す計画をしています。皆さんにカメラを意識させずに撮影をしていただいたおかげか、緊張することもなく通常の作業風景を撮っていただくことができました。
 一方、男性陣は斜面に植え込んだノカンゾウの手入れをしました。まず、刈払機で茅(ちがや)などを刈取り、株の周りのスズメノエンドウなどの雑草を取り除きました。刈った草は枯葉ばかりで手で採った他の草も一緒に、運搬用ナイロン袋に入れ、堆肥にすべく植栽畑に運びました。
 今日作業を行ったテニスコートの端にある2本のサクラはヤマザクラのようですが、すでに満開状態となっていました。昨日福岡城跡の舞鶴公園は桜の開花が認められたようですが、政庁跡のソメイヨシノは蕾が大きく膨らんだのはごく少数です。全体が開花するにはまだ数日はかかりそうです。
 次回4月3日の植栽活動は今日の作業の継続です。そしてその後、政庁跡で恒例の花見を行う予定です。

 
 
 

 
2019年 03月13日
平成30年度 第25回 H31年の活動開始
  先週6日に予定していた植栽活動が雨となり、本日に振替となりました。今回は、今年になって初めての屋外活動日。しかし参加者が8人と少なく、寂しい最初の活動日となりました。ゆづるはの会員の皆さんは地域でも活発に活動してある方が多く、他のグループ活動と予定が重なり、欠席するとの連絡を数人から受けました。休みとは言えども、病気でなく、元気で動かれているのが喜ばしい限りです。
 昨夜の雷雨後、寒気が入り、天気はいいのですが、冷たい北風がヒューヒュー吹いて寒の戻りに動きが鈍ります。それでも畑の草取を熱心にしてもらいました。冬場で草の伸びは無いとは言っても、小さな数多くの雑草が生えています。その中には“つくしんぼう”も混じり、今夜のおかずか酒のさかなか?と摘んである方もいました。少人数でしたが、テキパキと動いてもらい、写真のようにどの畝も草がなくなって、小さな苗木がこれからどんどん大きくなってくれそうな感じがします。
 昨年、斉城先生が数株植えたベニバナから種を採取し蒔いていたのですが、芽を出していました。蔵司西のソバ畑の一部にも蒔いていたのですが、同じように芽を出していて、5,6月ごろにはオレンジの花が咲きみだれるでしょう。また、ソバ畑の一番上段には菜の花の種を蒔いています。こちらは種まきが遅かったので、ようやく伸び始めたところです。今年はベニバナや菜の花とソバと違う色の花がみられることでしょう。これらはソバの連作障害を避ける意味合いもあり、今後も菜の花やコスモスなどいろいろと楽しめる花の種を蒔く予定です。
 次回は来週第3水曜日の20日を予定しています。