ボランティア活動

協会で活動している3つのボランティアを紹介します

史跡解説ボランティア
「大宰府史跡解説員」

大宰府史跡解説員は公益財団法人古都大宰府保存協会の委嘱を受けたボランティアで、昭和58年4月から昭和60年3月に開催された九州歴史資料館10周年記念「大宰府アカデミー」の受講生から昭和60年3月18日に誕生しました。太宰府市を訪れる方々や在住の方々に対して「大宰府のすばらしさを多くの方々に伝えたい」という熱い思いを持って日々活動しています。財団が主催する「史跡めぐり」講座での解説や、個人やグループ・学校から依頼がある解説、また大宰府展示館・水城館・太宰府館の来館者に対して展示の解説を行っています。現在76名の解説員で活動を行っています。

万葉植栽ボランティア
「ゆづるはの会」

太宰府市には市域面積の約17パーセントを占める貴重な史跡地がありますが、公有化されたものの未整備のままの状態の土地に、ゴミが放置されるなどの事態が生じたこともありました。そこで、その史跡地を有効に活用し、また歴史の散歩道をたどる人々が、大宰府政庁などが建っていた頃の野山の風景を少しでも想像していただけるようにと、平成7年7月から「万葉の花講座」を開催し、万葉植物の勉強をし、実際に苗を植え始めたのがこの会の始まりです。平成21年度よりこの会の名称を「ゆづるはの会」としました。史跡地に彩りを添え、季節ごとに変わる万葉の草花を市民や観光客の方に楽しんで頂いています。

太宰府市文化遺産調査
ボランティア

文化庁による『文化財総合的把握モデル事業』において、太宰府市がその実施団体に選ばれ、事業の一部を保存協会が受託したことをきっかけとして、この事業に関わっていただくボランティアを平成20年に募集し、活動が始まりました。市内外のボランティアの方々が、市内に7つある小学校区を基本に、日田街道・四王寺山・東ヶ丘・御笠川を加えた11の班に分かれて調査を行い、“まちあるき”を始めることにより、それにつながる、モノ・コト・ヒトに注目しながら「調べ」「伝え」「見守る」活動を行っています。この事業を通し、社会全体での文化財の継承を目指しています。これまでに6000件を超える文化遺産が記録されています。

ボランティアの日々の活動をお伝えします

2017年1月

2017年 01月18日
平成28年度 第17回 冬季勉強会(その1)

ファイル 175-1.jpgファイル 175-2.jpgファイル 175-3.jpgファイル 175-4.jpg

 厳冬期(12月中旬~2月)は屋外作業を休んでいます。今日は、この期間何もしないのはもったいないと万葉植物や万葉集に関係する事を学ぼうと始まった勉強会の今季第1回目を行いました。
 今日は例年通り、斉城先生のスライドショーで1年の活動を振り返りながら、ここは今年はこう活動を広げましょうとか、あれはこうしたがいいですねと解説と指導を兼ねたものがあり、後半は世界の植物を中心とした風景です。これまで中国やアラスカの花々を見せてもらいましたが、今回はマダガスカル島の紹介でした。熱帯に属する地域で花の色はきつい(濃い)とのこと、島の西部は乾燥地帯で、有名なバオバオの木やサボテンのような肉厚の葉をもつものや葉が棘状のものが多いそうです。東側は湿地帯もあり、蘭類が豊富だったようです。最後にアフリカ南端の喜望峰の写真を見せてもらいました。
 先生の後、職員が作製した「H28年度の植栽活動を振り返る」と題したパワーポイントのスライドショー約90コマを楽しみました。沢山のスライドを見ながら、1年間和気あいあいと楽しく活動をしてきたのが、今年も、来年もと続くことを願ったことでした。