ボランティア活動

協会で活動している3つのボランティアを紹介します

万葉植栽ボランティア
「ゆづるはの会」

太宰府市には市域面積の約17パーセントを占める貴重な史跡地がありますが、公有化されたものの未整備のままの状態の土地に、ゴミが放置されるなどの事態が生じたこともありました。そこで、その史跡地を有効に活用し、また歴史の散歩道をたどる人々が、大宰府政庁などが建っていた頃の野山の風景を少しでも想像していただけるようにと、平成7年7月から「万葉の花講座」を開催し、万葉植物の勉強をし、実際に苗を植え始めたのがこの会の始まりです。平成21年度よりこの会の名称を「ゆづるはの会」としました。史跡地に彩りを添え、季節ごとに変わる万葉の草花を市民や観光客の方に楽しんで頂いています。

ボランティアの日々の活動をお伝えします

万葉植栽日記

2019年 10月05日
平成元年度 第12回 日帰り研修・福岡市植物園
 本日は年1度の日帰り研修。ボランティア同士の交流と植物の勉強を兼ね、太宰府から離れいろいろな施設などを訪問します。今年度は福岡市動植物園です。台風第18号が東シナ海を北上中で天気が心配されましたが、速度が幾分遅れ、進路も西北に偏り、雨がパラパラ降った程度で風の強まりは感じることもなく、実施出来て幸いでした。集合時間になっても来ない方が1名いらっしゃったというハプニングはありましたが・・・(^^
 
 到着したらまず、会議室で園の方から概要説明と「令和」と万葉集、福岡市・太宰府市とのつながりなど、説明していただきました。これらの話と共に万葉集に関わる植物の写真も豊富に入った立派な資料を作っていただいており、驚き、感謝した次第です。
 園内見学にはボランティアガイドの方に8名もついていただき、2グループに分かれて案内してもらいました。植物は勿論、樹木にもそれぞれ名札が付けられ、よく手入れされていることにまず感心しました。ガイドさんからは万葉集にうたわれた万葉植物については詳しく解説していただきました。私が入った方の班は男性ガイドさんと女性ガイドさんが2名づつ前後についてもらい、適宜質問をすることが出来ていろいろと知ることができました。
 案内は午前中のみの予定でしたので、昼食後15時の出発の時間までは自由時間として、午前中に見ることのできなかった温室や動物園を見てもらいました。
 帰路は道路混雑もなく、予定より30分ほど早く16時ちょうどに解散場所の政庁跡に帰り着きました。

 

 
2019年 09月18日
令和元年度 第11回 政庁跡八ッ橋花菖蒲園の手入れ
 中秋の名月も過ぎ、秋らしさが出てきましたが、まだまだ夏の暑さが取れない感じです。
令和元号の典拠である、万葉集の梅花の歌会を大伴旅人が催した邸宅跡の候補地の一つである坂本八幡宮への遊歩道は今も来訪者が途切れることはありません。政庁跡とをつなぐ遊歩道横の八つ橋花菖蒲園がいつの間にか雑草に埋まってしまっているので、訪れる人に心地よくいていただくために、きれいにすることになりました。男性11名全員で刈払機2台、耕運機1台、刈り込みバサミ、鎌、などを使って、40-50cmあまり伸びた草を刈り、刈草を片づけ、耕運機をかけて花菖蒲の株が見えるようにしました。また猪による被害の復旧も行いました。跳ね飛ばした花菖蒲の株を植え直し、何を求めたのか30㎝もの深さを掘った地面を、スコップや鍬で均しました。この間、女性陣(5名)は植栽畑で、苗床の草取に励んでもらいました。
 男性陣の作業も終わり、いつもより遅い時間になりましたが全員で懇談の場を持ち、10月2日の福岡市植物園への研修参加の確認を行いました。今日の参加者全員16名が参加希望でした。

 

 



 
2019年 09月08日
令和元年度 第10回 秋そばの種まき
 雨続きでずっと出来ていなかったそソバ畑の耕耘作業。一部じめじめした状態ではありましたが、やっと今月4日~5日にかけて終えました(作業をしていただいた大田覚さんありがとうございます!)。
 今日は朝から強い日差しの中10時ちょうどに作業を始めました。参加者は7名です。蒔く種の目安は、一番広い畑で各自隣り合う二畝で1kgで計画して蒔き始めました。最後の方が足りなかったり、余ったりするところもありましたが、例年通りスムーズに全体を蒔き終えました。まだ水が溜まっているところもあり、それらの箇所には蒔きません。蒔いても芽は出ないことを体験済みです。前回の余っていた種3㎏を含め合計18㎏を全体で使い切りましたので、すこし多めに蒔いたことになります。
 どのような具合に芽を出すのか?自分の蒔いたところがちゃんと芽を出すのかどうかが心配になります。また、種蒔前に土壌改良材と牛ふん堆肥とをほどこしました。本当は耕耘作業の前に施肥をしてから種を蒔きたかったのですが、雨などの都合でなかなかできず、直前になった次第です。今回は土壌改良材と牛ふん堆肥とを分けてまいたので、どちらの肥料が合うのか・・・。成長結果がどうなるか注目されるところです。
 作業後は暑い日差しの中で、冷たいお茶とおやつを頂きました。その席で、今回のソバ畑耕耘作業中に偶然に出てきた猪の親子(母親となんと5匹のウリ坊!!)を職員が撮影し、その写真を皆さんに見ていただきました。写真のウリ坊はかわいいのですが、収穫前の畑を荒らしまわるイノシシは憎いばかりです。11時前に作業を終えましたが、その後、また大田さんが軽く耕耘してくれる予定です。
 例年より遅れた種蒔ですが、収穫できるように育ってくれることを祈るばかりです。

  

      

 
 
2019年 09月04日
令和元年度 第9回 植栽畑の手入れ・猪被害補修
 夏休み明けの活動日です。午前中は雨の心配がない予報でしたので、予定通り行うことにしたものの、どんよりした厚い雲があり、途中心配しましたが、次第に薄日が差すようになり、ホッとしました。カンカン照りでなくかえって良かったです。
 植栽畑に集まった皆さん全部が「エェー」と口をあんぐり。猪に荒らされた畑を見ての事です。里芋は全て掘り起こされ、茎が散乱して、通路の草原も耕耘したみたいに草が掘り返されていて、まともに歩けません。畑全体を防護柵をめぐらしているのですが、隣の史跡地からの鉄格子を押し上げて侵入した跡があり、別の箇所は格子の間を抜けた跡が見られ、こちらは子供のウリ坊がすりぬけたようです。一家総出で植栽畑を荒らしたようです。何回も荒らされ、その度に柵を補強してきましたが、毎回思わぬところから力技で押し入ってきます。皆さんがっかりしながらも補修作業と休み明けの生い茂った草取りに励んでもらいました。男性陣が補修・補強作業を担い、女性陣が草取りに精を出してくれました。 荒らされた畑は、茎などをきれいに取り去り、整地し、通路部分は真砂土を入れてならしてもらいました。
 作業後、来月初めの植栽の日帰り研修の案内、秋の樹木とソバ打ちの両講座の案内、11月の奈良への会員研修が12日〜14日となったことの案内、また、悪天で耕耘作業が出来ず遅れていたソバの種まきを8日に予定している事などをお知らせして本日の植栽活動を終わりました。

   

  

  
 

 
 
2019年 07月17日
令和元年度 第8回 アジサイの剪定その他 

 今月は定例作業日の第1水曜日が雨、予備日の10日も雨・・・。活動がずっと流れていました。今日17日も先週の週間予報では雨が予想されていて心配しましたが、何とか午前中は晴れのち曇りで雨はなさそうなので、昨日「予定通りです」と皆さんへFAXした次第です。
 雨が降り、雑草が一段と伸びておりましたが、道路沿いの景観を大事にする意味で、野草園の道路沿いにあるアジサイの剪定(花柄取りと蔦類の除去)と機械での草刈作業、戒壇院裏の花菖蒲園の草取を男性陣で行いました。女性には植栽畑のベニバナの種を取るために花摘みをまず済ませてもらい、後の時間は畑の草取をしてもらいました。
 雑草を刈取り、アジサイの刈込が済んでさっぱりし、ヤブカンゾウの朱色と黄色いオミナエシの花が目立ちます。花菖蒲園は連日の雨でまだ土が緩んだままで耕運機を使うとめり込んで動きが取れなくなる状態です。蒸し暑さのせいで汗びっしょりになり、肌着もべっとり肌に張り付いて、気持ち悪そうです。
 植栽畑にまた猪が侵入し、カボチャや里芋の古代食材を荒らされてしまいした。入口の鉄筋格子を押し、おさえの竹竿をへし折って入り込んだようです。前回鉄格子の下が曲がっていましたが、まだ竹竿の抑えが効いていたのですが・・・。鈴木さんに竹を切り出してもらい、従来の位置の下側地面すれすれにもう一本補強の竹竿を設置してもらいました。
 昨日保存協会の会員総会が開催され、そこで記念講演をいただいた奈良女子大学 前川佳代先生から、古代の甘味料「あまづら」の元である(つた)の幼苗をお土産に頂きました。「あまづら」作りを体験したことがある会員の山内さんに作り方を紹介してもらいました。あまりに小さいので、もう少し大きくなるまで職員の桑野が育てることにしています。
 また、山内さんが「沖縄カラスウリ」の苗を欲しい方に、と持参いただきました。新規加入の井上さんからは珍しい「対馬黄金鬼百合」を一鉢寄贈してもらいました。すでにむかごが付いていて、旨く増やすことが出来ればと思います。

  
 
   













 
 

























 

2019年 06月19日
令和元年度 第7回 政庁跡八ッ橋花菖蒲園 追加植付
 今回は前回に引き続き、満開を過ぎたアジサイの花が咲き乱れる政庁跡の八つ橋花菖蒲園に苗を植え付けました。
前回植え付けた苗を子供がいたずらで引き抜いていたのを、斉城先生、姫野さん、職員の桑野が3人で植え直しをしましたが、全部を直すことが出来ませんでした。今日はその残りと上隣の段に30株余りを植え付け、橋の反対側に残りの苗を植えましたが、全部植えるまでの苗が無く、今回はこれで一応終わりとしました。残りは職員でやろうと思っています。
 子供たちのいたずらで苦労はしましたが、今日は明るい話題がありました。福岡市南区の方から新規加入希望の男性が参加されました。山が好きで山野草を見るのが楽しみであるとのことでしたが、がっちりした体格で、いかにも山男といった感じの頼もしい方です。大きな戦力・仲間が増えたと皆さん大喜びです!
 来週は戒壇院裏の花菖蒲園の手入れと植栽畑・野草園の手入れをすることにして、散会しました。

    


    

























 
2019年 06月05日
令和元年度 第6回 八つ橋花菖蒲園 株植え直し
 今日はまずソバ畑に集合して、満開のソバの花をバックに集合写真を撮影。その後は、政庁跡の八つ橋花菖蒲園へ移動。今日は株の植え直しです。
 株を植え直す場所や苗は斉城先生が準備されていて、男性陣が不要の古株を堀り上げ、その宿根を切取り、新しい苗にしました。女性陣には先生が用意された色分けされた苗を植え付けてもらいました。植える場所にはロープを張り、一定間隔で竹を挿して示してあるので、容易に分かります。まだ竹を挿してなかったところも男性陣が手伝って、全面に竹の杭を挿しました。
 はじめは曇っていましたが、次第に夏の日差しとなり、蒸し暑く、体の動きが鈍くなりました。途中水分補給の小休止を挟んで、2時間余り作業に励みました。まだ植え付けてないところもありますが、苗がなくなってしまったので、次の19日の活動で残り部分と橋の反対側など今日手つかずの場所の植え直しをすることにしました。
 来年花を付けてくれるといいのですが、植替え後3年目が一番きれいに咲くといわれています。再来年には周辺に植えているツツジ・アジサイ達と彩りを競うことでしょう。楽しみです!

  


  






















 
2019年 05月22日
令和元年度 第5回 5月22日(水) 「ヒオウギ・ツワブキ・里芋の植付」 
 年間計画では今日はソバの花、花菖蒲の観賞予定でしたが、残念ながらまだ観賞できるほどの花は見られず・・。ということで、政庁跡の八つ橋花菖蒲園での株分け作業を考えていましたが、こちらもまた時期的に早いので、「花がどれだけ咲くか見た後にしましょう。」ということになり、今日は植栽畑(育苗園)・野草園の手入れをすることにしました。集合挨拶時に姫野さんから観世音寺裏の花菖蒲園の草取をお願いしたいと要望があり、1時間だけ作業をすることにしました。株の周りだけですが、ネコジャラシ?を主体に雑草が株に絡みついて生えていました。抜き取るときに種がはじけて、草取でなくむしろ種蒔をしているようで、今後が心配になります。時間内で全体は取りきれませんでしたが、それなりにきれいになりました。
 植栽畑では並行して、里芋の植付を大田さんと山内さんがしてくれました。種芋は例年大田さんが持ち込んでくれ、古代食の材料としておいしくいただいています。また、職員の桑野が自宅で種から育てたヒオウギの苗をたくさん持ってきました。斉城先生と苗床をこしらえ、植付けました。まだたくさん苗が残っているそうで、後日野草園を含めて植え付けることになりました。
 花菖蒲園での草取作業を終えた人は続けて、野草園で雑草取りや斉城先生が山で採取されたツワブキを植え付けました。5,6株をグループにして、2カ所に植え、さらに残りを外周沿いに列植えしました。野草園の中に設けた円形花壇のうち、3か所ほどが何もないので、早急に植え付けるようにしたいと思います。現在の野草園はカキツバタの花が終わり、花はシランだけしか見れませんが、ワレモコウやオミナエシ、カワラナデシコなど順調に育っていますので、秋が楽しみです。また、植栽畑にはベニバナが大きく育っていて蕾を付け始めました。
 新しい枝を大きく茂らせたクヌギノキの下で、坂本八幡宮の氏子である大田さんが新元号「令和」が決定してから大勢の人が坂本八幡宮に押しかけ、その対応に追いまくられた苦労話を聞きながら、お茶を頂きました。また、今度の土曜日5/25の樹木講座-梅ちぎり-を始め、6/4会員日帰り研修、6/8大宰府政庁跡のクリーンデイへの参加を呼び掛けて散会しました。
 
  

   
















 














 
2019年 05月08日
令和元年度 第4回 政庁跡八つ橋花菖蒲園の手入れ
 今年のゴールデンウィークは平成天皇退位と令和天皇即位の関係で10連休となりました。新元号の「令和」ゆかりの地として太宰府が注目を浴びて、「梅花の宴」を博多人形で再現したジオラマを展示している大宰府展示館、また宴が開かれた大伴旅人邸比定地の一つ坂本八幡宮は全国から人が詰めかけ大賑わいでした。連休明け二日目の今日はいくぶんか人出はひいてますが、新緑を愛でながら坂本八幡宮を訪れる人はまだ多いようです。そんな景色を横目に花菖蒲を覆い隠すように伸びた雑草を取り除きました。
 展示館に向かうご婦人が私たちに声をかけてくれました。会員の一人山内さんが対応してくださっていたのですが、万葉集に関心があるようで、「万葉植物を植えてお世話してます」と説明すると、「良い事されてますね。」と言ってくださったとのこと。励みになります。
 また、通りがかりの男性が、「活動に参加するにはどうすればいいか?」と私たちの活動に関心を持っていただいたようです、ゆづるはの会の活動が「令和」で訪れた方たちに知ってもらえることは有難いので、活動紹介・会員募集の看板?を早急に設けたいと考えています。
 活動後の懇談で、植栽活動を指導されている斉城先生から株が古くなり、なくなっている個所もあるので、今年の花はあきらめて、全体をやり直しましょうと提案されました。全株を堀上げて、よさそうなものを苗として切り分け、畑は猪に荒らされた凸凹を耕し直して平らに直し、以前のようにきれいな列に植え直すことになりました。株分けの時期は6月とされていますが、次回5月22日からその作業に取り掛かる予定です。
 

 

  
































 
2019年 04月21日
平成31年度 第3回 ソバの種まき
 今日は春ソバの種まきを行いました。残念ながら参加者が少なく職員3名含めて11名での活動となりました。
種をまく前に、ソバ畑中段のベニバナが雑草に埋もれている状態だったので、まずは全員で雑草取りを行いました。ベニバナの葉を斉城先生に教えてもらい、雑草と間違えないように注意しながらの作業です。雑草はヨモギやスギナが多く、晴天続きで土が固くなっていて、土を掘り起こすようにしないと抜けないので、苦労しました。まだ4月なのに日差しは夏!!顔や手が焼ける感じでした。合間の水分補給の休憩は必須です。
 続いて、そばの種まきです。いつも通りの手順で行いました。種が入った紙袋を持ち、各自担当する左右2畝に適量の種をばらまきます。もう皆さん手慣れたもので、2畝をまき終わる紙袋の中の種は、余るでもなく不足するわけでなく、ちょうど良い感じで無くなります。
 種まき後すぐに鳥(ムクドリ5~6羽・ハクセキレイ1羽)が飛来し、盛んに種をついばんでいる様子です。追っ払っても、すぐ戻ってきます。午後に浅い耕耘作業をしてもらう予定ですが、鳥のついばみは続くと思われます。週間予報では3日後が雨模様なので、それまでに食べつくされてなければいいのですが・・。作業後は、お茶菓子を手にのどを潤し、次週の臨時活動は政庁跡八つ橋の花菖蒲園の草取りをする連絡をして終了しました。
 最後に、ソバ畑の上段の菜の花が満開です!政庁通りからも黄色い花を望むことが出来ますよ。ぜひご覧ください!