ボランティア活動

協会で活動している3つのボランティアを紹介します

万葉植栽ボランティア
「ゆづるはの会」

太宰府市には市域面積の約17パーセントを占める貴重な史跡地がありますが、公有化されたものの未整備のままの状態の土地に、ゴミが放置されるなどの事態が生じたこともありました。そこで、その史跡地を有効に活用し、また歴史の散歩道をたどる人々が、大宰府政庁などが建っていた頃の野山の風景を少しでも想像していただけるようにと、平成7年7月から「万葉の花講座」を開催し、万葉植物の勉強をし、実際に苗を植え始めたのがこの会の始まりです。平成21年度よりこの会の名称を「ゆづるはの会」としました。史跡地に彩りを添え、季節ごとに変わる万葉の草花を市民や観光客の方に楽しんで頂いています。

ボランティアの日々の活動をお伝えします

万葉植栽日記

2020年 03月18日
令和元年度 第23回 ベニバナの雑草取り
 平成31年(令和元年)度の最後の活動です。
 春真っ盛りの初夏を思わせる日差しの下での作業で少し汗ばみました。今日の活動場所は蔵司西側のソバ畑です。今春の花「菜の花」が前面に咲き誇っています。例年ですとこの時期は春ソバの種まきの準備をするのですが、ソバの花が連作障害もあり、貧弱になってきたため、一回休もうと代わりに春の花の「菜の花」と夏の花である「紅花(ベニバナ)」の種を時期的には少し遅れましたが11月20日に蒔きました。菜の花の種子は2種類で菜花(ナバナ)と菜種油用で、菜花の方は2月には花を付けましたが、菜種油のほうはなかなか目が出ず、出ても育ちが悪く半分あきらめていました。それが3月に入ってからズンズン伸びて、4,5日前に満開状態となり、現在ソバ畑は下段から上段まで真っ黄色の菜の花に覆われています。
 そんな中で、一番南側の道路沿い2畝に蒔いたベニバナは5-10cm程度に育っていますが、雑草に埋もれた状態なので、全員で除草作業を行いました。2時間もあれば終わるだろうと高をくくっていましたが、3時間近くたっても終えることが出来ませんでした。残りは追々取ることにします。
 ベニバナはキク科ベニバナ属で、奈良時代から栽培されていて、染料や口紅などいろんな生活用品に利用されたようです。花の時期は夏5-7月で、最初は黄色ですが成長に伴い、オレンジから赤に変化します。原産地は地中海沿岸から中央アジア一帯で、英名はSafflowerで種子からとった油をサフラワー油(紅花油)と呼んでいます。日本では山形県で栽培されています。別名を紅藍(ベニアイ)、呉藍(クレアイ)、未摘花(スエツムハナ)、久礼奈為(クレナイ)などで、万葉集や源氏物語などでは「未摘花」で呼ばれています。ちなみに花言葉は「包容力」「化粧」「装い」などです。

   


      


















 
2020年 03月04日
令和元年度 第22回 戒壇院前のシモツケ等の手入れ
 今年初めての屋外活動です。
昨日は晴れていましたが夜から降り出した雨が今朝方まで続き、一旦止みましたが集合時間頃からまた降り始めました。しかし、幸いにも作業中に雨は止み、どんよりした空模様ではありますが、風が弱く、寒さをそう感じることはありません。そんな天気ではありましたが、コロナウィルスの脅威もあって、女性の参加者は夫婦2組の奥様だけとなりました。
 春初めての作業は、戒壇院前の歩道・参道沿いのシモツケやヤマブキ、アジサイの中に入り込んだチガヤを取り除くと同時に枯枝を除去することです。株の中から生えているチガヤは丁寧に引き抜いたり、剪定ばさみで切ったりして取り除きました。枯枝もポキポキ折ったり、剪定ばさみや鎌で切って株から取り除きました。枯枝が結構な量になり、全体でリヤカー満杯2台分になりました。最後は積み切れず、人手で運んだ分もありました。
 アジサイの枯れ枝は把握していましたが、シモツケやヤマブキも枯れ枝がかなり出ているのに驚きました。いずれも株が大きく古くなると発生するそうです。枯れ枝を取り去ると隙間が目立つところもありますが、新芽・枝が伸びてくるので心配ないそうです。 チガヤは根まで取り尽くすのは難しいので、夏になりまた葉を伸ばしてくるでしょうが、それまではすっきりした株が見れると思います。 参道にはヒガンバナの葉もでていますが、夏水仙の大きな葉が左側手前半分くらいまで伸び出しています。今年は例年以上に見事な花の列を見せてくれるでしょう。 (参加者13名)

 












 
2020年 02月19日
令和元年度 第21回  第3回冬期勉強会 「庭木の整枝・剪定」斉城先生、「令和元年の植栽活動の回顧
 3回目の冬季勉強会で最終回です。会場としてお借りしていた社会福祉協議会の研修室とはしばしのお別れです。お世話になりました。
今日は日頃植栽活動の指導をお願いしている斉城先生に講師をお願いしました。日頃会員の中から”剪定は難しい”という声が多く聞かれることから演題は「庭木の整枝・剪定」です。 斉城先生が大きな紙に1本の木を描き、その上に別の紙で描かれた①ヒコバエ、②枯枝、③胴ぶき、④かえり枝、⑤徒長枝、⑥胴切枝、⑦こみ枝、⑧下がり枝、⑨併行枝、⑩車枝の10種類の剪定すべき枝を、それぞれ何であるか名称を教えながら、その枝(絵)を剥していくと、あたかも切り取ったようにその下から、きれいな元の枝が現れるという内容でした。描かれた枝木が丁寧に表現され、10種類の区別・特徴が一目で分かりました。名称と同時になぜ切るべきなのかの説明をされて、絵を見ながらなので、良く頭に入りました。
 絵での説明が終り、樹木別の対応についてもお話しいただきました。アジサイは花後に上から2めの下を切るが同時に枯枝も除去する事。梅は花梅は花後にすぐ切る事、実梅は落葉後冬場に切る事など。会員からは「自宅のロウバイが花を付けない、大きくなって邪魔だが上に伸びる枝を切りたいが大丈夫か」、「庭木のコブシやヤマボウシが大きくなりすぎているので切り詰めたいが?」などいろいろな質問が出ましたが「いづれも切り詰めて問題ありません。が、枝の途中で切るのでなく、元(枝分かれ個所)から切ることが、枯れや腐れを生じさせないうえで大事なことです!」とのことでした。
 先生の次は、職員の森による制作映像で活動を振り返ってもらいました。映像は4月8日の第1回野草園育苗畑の手入れから12月4日の反省会までスライド(パワーポイント)を使って紹介してもらいました。皆さんが映っている姿を発見しては、あれは誰だとかにぎやかに画面を見ながら思い出にふけりました。画面に表示されたユーモラスなコメントや軽妙な解説も加わり、この一年を楽しく振り返りました。
 来年度も、和気あいあいと楽しく元気に活動を続けましょう!
大田温子さんの甘夏とパール柑をそれぞれ3個づつ以上お土産にいただき解散しました。
2020年 02月05日
令和元年度 第20回  第2回冬期勉強会 「くじゅうの自然」
 冬期勉強会の第2回目です。
今日は昨年7月から活動に加わられた井上さんに「くじゅうの自然 」 と題して、山の四季折々の景色や九重やその周辺の草花を映像で紹介してもらいました。13年間で400回以上も九重山に行っていらっしゃるとのこと。四季折々の山の風景を写真に収め始め、それから植物、草花にも興味が増してきたそうです。あるとき、知り合いから大分県の絶滅危惧種のデータを聞き「よーし、全部探してみてやろう」という思いで、とにかく珍しい植物を尋ね歩かれたようです。今回紹介された草花の多くは、自らの足で探された貴重な草花の数々で、「大分県下ではここにしかない」という言葉を何度も聞きながら、きれいなカラー写真を拝見しました。それを見る私達は、ただただ美しく可憐な花々に「ワァーかわいい」と感嘆の声をあげながら見とれていました。

御池周辺(ユキワリイチゲ・アズマイチゲ・シロバナエンレイソウ・サワルリソウ他)、籾山神社周辺(フクジュソウ・サバノオ・アマドコロ他)、大船林道(ユウシュンラン・リュウキンカ他)、白水鉱泉(黒岳登山口)駐車場付近(ギンラン・ウメガサソウ・イチヤクソウ他)、三愛レストラン付近(キスミレ・ヒゴイカリソウ他)、ヒゴタイ公園キャンプ場(トウゴクサバノオ・ササバギンラン他)、小田池(サギソウ・ヒメユリ他)と地域ごとの約50種の草花の名前を資料として作成していただきました。時間が取れたら訪ねたいところです。
 雪景色の九重の峰々、ご来光の朝焼けの空、燃えるような紅葉の山肌と四季のくじゅうの写真も見ごたえのあるものでした。ご来光を仰ぐためには4時、5時頃から登るそうですが、いつも見れるわけではないはずで、これらの写真を撮れたのはひたすらカメラを手に山に向かわれた賜物だと思います。  
 「参加者 16名+3名(職員)」
    
       
 
2020年 01月15日
令和元年度 第19回  第1回冬期勉強会
 令和元年度の冬期勉強会の第1回目として (公財)古都大宰府保存協会の顧問でもいらっしゃる森弘子先生にお願いして、新元号令和に絡み『新元号「令和」と「梅花の宴」について』の題目でお話をしていただきました。また、先生が最近訪れたという福井県越前市の「あじまの万葉苑」の紹介をしていただきました。
 新元号発表以来、梅花の宴を再現した博多人形のジオラマが脚光を浴びるようになりましたが、このジオラマは大宰府展示館開館10周年記念事業として「梅花の宴」を催したなかで製作されたもの。当時はこれよりも「古代食」の復元模型の展示が各方面から注目されたとか。記念事業として「古代食」再現も実施されたそうですが、この発端は、古代の甘味料「あまづら」が冬場の蔦の樹液だと突き止められた北九州市の故石橋顕氏からの復元をしてみないかとの呼びかけがきっかけだったそうです。観世音寺・坂本など若い農家の主婦の皆様で構成された「なのはな会」に手伝ってもらい、古文書・文献・研究結果をもとにして、いろいろ苦労しながら再現したとのことで、当時これに参加された山内さんや大田さんからも話を聞くことが出来ました。
 続けて、最近訪問された福井県越前市の「あじまの万葉苑」の紹介をしてもらいました。ここには天平11(739)年ごろ、味真野に流された中臣宅守と女官狭野弟上娘子との間にかわされた63首の情熱的な歌が万葉集にあることから、二人の恋の歌をテーマにした万葉植物庭園や63首の歌碑が立てられた「万葉ロマンの道」が設けられているとのこと。万葉館には令和を祝して、先生が取材を受けた新聞の大きな切り出しや梅花の宴のジオラマを基にした絵も掲げられていたそうです。植物のそばには歌を書いた立て札が立てられており、万葉の歌になじめる配慮がされていたのが我々の今後の活動にも参考になると思いました。
 先生の講義時に田中学芸員作成の『「万葉集」 巻五 梅花の歌三十二首 序を併せたり』と『元号「令和」ゆかりの地大宰府』の二つを配布し、参考にしてもらいました。
通常の屋外活動の合間の冬季勉強会ですが、万葉植栽活動には欠かせない知識の源であり、息抜き、楽しみの場でもあります。第2回、第3回と次回が楽しみです。(参加者 20名)

    


 
2019年 12月04日
令和元年度 第18回 反省(豚汁)会
 平成31年の新年を迎えたときは穏やかでありましたが、新元号「令和」が決まった4月、始まった5月と太宰府市は大賑わいでした。特に大宰府政庁跡から坂本八幡宮にかけては今もなお、人が途絶えることはない状況が続いています。そんな賑わいを横目に、来訪者に「より史跡を楽しんでいただきたい!」と花菖蒲園やアジサイなどの手入れを黙々とされる会員の皆さんにはただただ頭が下がる思いで、本当に感謝感謝です。
 今日は今年最後の活動で、毎年恒例の年末反省会です。男性陣(11名)は植栽畑・野草園の清掃(雑草刈、落ち葉清掃、ゴミ清掃)・道具の手入れ(刃物研ぎ)、女性陣(10名)は9時半前から観世公民館で豚汁つくりです。
 植栽畑にはエノキ・コナラ・クヌギ各1・イロハカエデ数本の落葉樹があり、ここ数日の冷え込みで落葉も進んだようです。落ち葉の絨毯状態でした。斉城先生の指示でコンポスト3個に落ち葉をギュウギュウに押し込めました。残りは肥料空き袋に詰め込みました。油粕や糠を加えるとよりよい堆肥ができるとのことですが、今回はそれを入れないでどれだけ完熟するか気になるところです。先生によれば夏には堆肥となるとのことです。堆肥にする落ち葉はカシが一番いいそうです。試してみてください。
 女性陣の豚汁つくりは慣れたもので、男性陣が作業を終え合流した11時過ぎにはすでに準備完了していました。手際の良さに脱帽です。机にはデザートのミカンとお漬物(会員手製)の皿がならび、すぐに温かいお茶をいただきました。全員が揃ったところでご飯と具沢山の豚汁を出してもらいました。
 今年は、理事長は所用で不在、事務局長はNHKの取材の為、二人からボランティアの皆さまへの感謝の言葉をお伝えすることができなかったのですが、大宰府展示館の受付として新採用された職員が顔を出し、若い女性の参加に皆さん大歓迎の様子でした。また、後片付けを山内先輩から厳しく(!?)指導されたようですが、にこにこと若さで対応してくれました。
 今年は男性の新会員井上さんを迎えることができましたが、来年も是非新会員(特に若い女性)が加わってくれることを祈念して散会しました(笑)。
 今年も美味しい豚汁ありがとうございました。ごちそうさまでした。
 また今年も1年大変お疲れさまでした。良いお年をお迎えください。

  

  
 
 
2019年 11月27日
令和元年度 第17回 臨時予備活動  萩の株切・野草園の整地 他
 先週に引き続き本日の活動も臨時活動です。この時期いろいろと作業が多いので、予め予備日として考えていたものです。雨予報が夜に伸び何とか降られずに済みました。
 作業内容は⓵戒壇院前広場のハギの木の株切です。来年新しい芽を出させ樹勢が崩れないようにするためにこの時期に根元から切り取っています。茎は枯れあがり非常に硬くなっているため、切り取るのに苦労しました。10株ばかりでしたが、リヤカー3台分の刈り枝が出ました。
 次は②野草園の猪が荒らしまわって凸凹になった地面の補修整地作業です。猪の鼻は70kgの重さをひっくり返す力があると聞きましたが、人が掘ったのか思うほど、深く耕して(!?)います。草が絡んだこれらの凸凹を均す作業は根気と力とが求められます。ところどころ据え付けた万葉の草花を植える円形花壇も埋もれているものが多かったのですが、作業後はスッキリきれいになり、年明けの活動再開で再び各会員さんが自分のテリトリーの手入れも進むことでしょう。
 ③番目は野草園の周りに「猪担停止(いったんていし)」の商品名の≪猪忌避剤≫(青色のリボンで猪の嫌いな成分を入れた袋が付いて、1年間有効とのこと)を杭を打ちロープを張ってぶら下げました。どれほどの効果があるのか分かりませんが、少なくとも今までより出現することは少なくなると期待しています。
 ④最後になりましたが、参加者13名中、紅二点の女性が黙々と育苗畑の雑草を抜き取ってくれました。

 気になることがあります。戒壇院前参道の両側に秋のお彼岸に真っ赤に花を咲かせるヒガンバナが青々とした葉を伸ばし、球根が大きく育つ時期ですが、その青い葉の先端部分が白く枯れている株がずらりを並んでいます。門に向かって左側の列が著しく枯れています。まるで除草剤を撒いたかのように見えます。斉城先生に診てもらいましたが、病気か細菌か原因ははっきりせず、しばらく様子を見ることになりました。 どなたか、ヒガンバナのこのような症状について、ご存じの方、アドバイスを頂けるとありがたいです。

                                 

   


  

         
 
2019年 11月20日
令和元年度 第16回 なたねとベニバナの種まき
 冬型の気圧配置が緩み、雲も少なく晴れ間が広がっていますが、風は冷たい朝です。
前回肥料を入れたソバ畑に、菜の花の種をまきました。早生品種の「なたね(農林32号)」1Lと斉城先生提供の「菜花」(食用)の種約1Lを巻きました。何しろそばの種よりずいぶん小さいので、まだらにならないようにまくのに神経を使いました。種をまいた跡が目で確認できないので、指先の感覚だけがたよりです。時に「アッ、蒔き過ぎた」と何度か思ったことでした。
 菜種と別に、ベニバナの種もまきました。花の時期は菜の花より少し遅れますが、ほぼ同時に花が見られるので、ベニバナの赤い花、菜花の黄色の花のコントラストが楽しみです。菜の花はまきっぱなしですが、こちらはそばの種と同じくらい大きいので鳥に食べられないように薄く土をかぶせました。これとは別に会員の羽野さんが自宅で菜花が密集して芽を出したのでと持参された苗を通路沿いに植えつけました。こちらは1月中には菜の花が咲くと思われます。その一部を大宰府展示館前の歩道緑地帯に植えつけました。種もまいていますので、時期を違えて菜の花が楽しめると思います。 種まき後、観世音寺の育苗畑に行き、野草園と合わせて草取や萩の株切り取りなどを手入れしました。
 次回は来週水曜日27日にイノシシが荒らした野草園の手入れなどするために、臨時の活動を行う予定です。

   
 
2019年 11月06日
令和元年度 第15回 ソバ畑への施肥
 小春日和の晴天続きで、今朝も放射冷却が効いて九州でも最低気温が零度になったところもあったようです。
今日は天気に恵まれたこともあり、参加者は18名。全員でソバ畑に牛糞堆肥と鶏糞をまきました。ソバの連作障害回避のため来年の春ソバは作らず、菜の花とベニバナの種を蒔くことにしました。菜の花の種まきは11月が限度ですので、耕耘作業前に大急ぎで施肥することにしたものです。牛糞は筑紫野市の天山の三宅牧場のもので完熟発酵した堆肥で臭いはほとんどしません。菜の花は肥し分をたくさん採るとのことで先輩経験者のアドバイスを受けての作業でした。頑張ってまいたので、来春の菜の花が大きく育ってくれるといいです。
 活動後の懇談の場は、大田さんの吊るし柿用の渋柿、斉城先生からはベニバナの種、桑野さんからは栽培が難しいと言われるムラサキの種を希望者へ配布したりなどお土産がたくさんあり、参加者がも多かったのでいつもより長い時間楽しみました。また、福岡市植物園への研修時の写真も配布しました。

      


      

    
2019年 10月23日
令和元年度 第14回 環境フェスタ用鉢苗作成
  今日は環境フェスタ(10月27日市役所前で開催予定)で提供する鉢苗を作る臨時の活動です。
前回サツキツツジ・アジサイ・ツバキ・シモツケなど90鉢を作成しましたが、これだけでは足りないので追加作成の為の臨時活動日を年度当初から計画していました。臨時活動日のため参加者が10名と少なかったですが、斉城先生が予め作ってあったキクなどの鉢があり、前回の分と合わせて117鉢準備できました。今年はキクなど草花の苗を増やしています。当日の来訪者がどう反応し、何が人気になるのか今から楽しみです。
 サツキツツジの残り苗や枯れたものなどを整理して植え直し、きれいな新しい苗床が出来ました。苗の間に野草園の刈草を持ってきて、敷き詰めました。乾燥防止や寒冷期の霜よけにもなるはずです。この他の作業と併せて、野草園の刈草の集積や台風で折れたアラカシ・コナラの大きめの枝を切断・片づけをしました。また、小屋の中の整理も行い、不要ゴミが随分と出てきて、道具類も綺麗に収まり、広くなった感じです。
 各種の花を植えている花壇にコスモスの花や井上さんに提供いただいたキバナホトトギスがきれいな花を付けています。キバナホトトギスは鉢植えなのでこれからの季節を考え、職員が自宅に持ち帰り管理することにしました。また、職員が採種したヒゴタイとヒオウギの種を希望者へ分けました。ヒゴタイはこの時期に種を蒔いたら良いとのことです。
 作業後の懇談の場で、環境フェスタで実施するミニ太宰府検定の問題を解いてもらいました。問題制作者の職員が「70点以上取らないと太宰府市民返上」とのプレッシャーが。問題は10問あり、本日の参加者がちょうど10名。1人1問づつ回答してもらいました。太宰府市の年間来訪者数は?との問題に答えられなかった職員を除き(笑)、他は皆さん正解でした(ちなみに答えは1,000万人)。
さて、番外問題です。"日本の元号の1番目は西暦645年の「大化」です。では今年決まった「令和」は何番目でしょう。” 皆さん分かりますか?