ボランティア活動

協会で活動している3つのボランティアを紹介します

史跡解説ボランティア
「大宰府史跡解説員」

大宰府史跡解説員は公益財団法人古都大宰府保存協会の委嘱を受けたボランティアで、昭和58年4月から昭和60年3月に開催された九州歴史資料館10周年記念「大宰府アカデミー」の受講生から昭和60年3月18日に誕生しました。太宰府市を訪れる方々や在住の方々に対して「大宰府のすばらしさを多くの方々に伝えたい」という熱い思いを持って日々活動しています。財団が主催する「史跡めぐり」講座での解説や、個人やグループ・学校から依頼がある解説、また大宰府展示館・水城館・太宰府館の来館者に対して展示の解説を行っています。現在76名の解説員で活動を行っています。

万葉植栽ボランティア
「ゆづるはの会」

太宰府市には市域面積の約17パーセントを占める貴重な史跡地がありますが、公有化されたものの未整備のままの状態の土地に、ゴミが放置されるなどの事態が生じたこともありました。そこで、その史跡地を有効に活用し、また歴史の散歩道をたどる人々が、大宰府政庁などが建っていた頃の野山の風景を少しでも想像していただけるようにと、平成7年7月から「万葉の花講座」を開催し、万葉植物の勉強をし、実際に苗を植え始めたのがこの会の始まりです。平成21年度よりこの会の名称を「ゆづるはの会」としました。史跡地に彩りを添え、季節ごとに変わる万葉の草花を市民や観光客の方に楽しんで頂いています。

太宰府市文化遺産調査
ボランティア

文化庁による『文化財総合的把握モデル事業』において、太宰府市がその実施団体に選ばれ、事業の一部を保存協会が受託したことをきっかけとして、この事業に関わっていただくボランティアを平成20年に募集し、活動が始まりました。市内外のボランティアの方々が、市内に7つある小学校区を基本に、日田街道・四王寺山・東ヶ丘・御笠川を加えた11の班に分かれて調査を行い、“まちあるき”を始めることにより、それにつながる、モノ・コト・ヒトに注目しながら「調べ」「伝え」「見守る」活動を行っています。この事業を通し、社会全体での文化財の継承を目指しています。これまでに6000件を超える文化遺産が記録されています。

ボランティアの日々の活動をお伝えします

2018年5月

2018年 05月30日
平成30年度 第7回 植栽畑・野草園の手入れ及びテニスコート下ヤブカンゾウ周り草取り
  一昨日梅雨入りした九州北部地方です。今年は昨年より23日も早く、平年より8日早いそうです。陽はささないものの蒸し暑く、1時間も作業すれば汗ばむような天候でした。
 今日はツツジ・サツキの挿し木をする予定でしたが、「まだ挿し穂が柔らかいので次回がいいでしょう」と斉城先生。そこで①畑の草取②カボチャを這わせる棚の仕上げ③テニスコート下のヤブカンゾウ手入れの3班に分かれての作業をすることにしました。
②班は男性3名に未完成の棚を仕上げてもらい、カボチャ苗の植え付けまでやってもらいました。苗はメンバーの大田さんが持ってきてくれました。実は、前々回、棚の一部が出来た後、メンバーの一人が苗を植えてくれたのですが、虫に食べられてしまい無くなっていたのです。そこで、今回大田さんが3株持ってきてくださいました。ありがとうございます。
③班はテニスコート下のヤブカンゾウを植えている場所にヒメジオンが伸びているので、4人で抜き取りました。ただそこに茅も茂っていて、それに埋まっている状態です。株の周りを手で抜き取り、その後を刈払機で刈取る必要があります。 
 3班の作業の他に、野草園の手入れもしました。前々回植えたフジバカマが枯れてしまったので、畑にあるものを2株移植しました。梅雨に入ったので前のように枯れることはないと思いますが、たっぷりと水を与えました。また、ヒオウギも植込みました。さらに、ケイトウがなくなったので苗を募っていたところ今日羽野さんが苗を鉢ごと持ってきてくれました(ありがとうございます!)。さっそく植え込もうとしたところ、かわいい芽が出ていることに気づき、いただいたケイトウは別のところに植えました。野草園も徐々にではありますが、種類を増やして、四季折々の万葉の花々を楽しんでいただけるように、会員の皆さんが頑張ってくださっています!ただ、テニスコート前、戒壇院裏、観世音寺裏のハナショウブやアジサイは何故か今年はいずれも花数が少ないように思え、ハナショウブの色も青以外の花が一つ二つしか見えず・・・。梅雨空のアジサイやハナショウブは味わい深い趣がり、これから花数を増やしてくれたら皆さんにも楽しんでいただけるのに・・・と一同願っているところです。


 
 斉城先生のミニ講座
 野山にホトトギスの鳴き声が聞かれるようになり、卯の花(空木:ウツギ)も白い花を付けています。普通のウツギの花は終わりを迎えているようですが、畑に咲いたウツギが、バイカウツギであることを教わりました。バイカウツギはとても良い香りで、「ニオイバイカウツギ」「ヤエニオイバイカウツギ」「セイヨウバイカウツギ」があるそうです。先生がセイヨウバイカウツギを持ってきていましたが、花の中がピンク色をしていました。
 ウツギ゙にはいろんな種類があり、それぞれの特徴など全部を覚えるのは出来そうにありません。今日覚えたのは良い香りのウツギが「バイカウツギ」で三種類あることくらいでしょうか(笑)

       

       


 
2018年 05月19日
平成30年度 第6回 2回目のソバの種まき
 不足していたソバの種が入荷したので、前回、蒔けなかった左側半分の畑に(面積的には全体の6-7分目程度)、今日集まれる人だけで種蒔きをすることになりました。先日、種を蒔いたところにはすでに蕾を付け始めているところがありました。本来ソバは寒冷地の作物と言われていますので、5月半ば過ぎに種を蒔いてうまく発芽し花を咲かせてくれるかどうか心配ではありますが、史跡地が雑草に覆われ景観を損なう状況は避けることができると考えています。
 また、今回テストケースとしてソバ以外に菜の花を中段の部分に蒔いてもらいました。こちらも通常の時期と大幅に遅れていますが、夏場にどう育つか楽しみです。

      

      

 
2018年 05月16日
平成30年度 第5回 花菖蒲園の草取
 昨日の太宰府の最高気温は31.9度と真夏並みの暑さでした。今日は昨日ほどではありませんが、曇り空でもやはり暑い一日です。
 私達が手入れしている花菖蒲園は大宰府政庁跡八つ橋周辺、歴史の散歩道沿い(テニスコート前)、戒壇院裏、観世音寺裏の4カ所あり、手入れもなかなか思うようにはいきません。今日は戒壇院裏と観世音寺裏の二か所の花菖蒲園の草取りを行いました。会員の姫野さんが活動日以外にも野草園や花菖蒲園の列の間を耕運機で除草をしてくれているので、株と株の間のみ草を抜きました。戒壇院裏は女性(8人)、観世音寺裏は男性(6人)で担当割りをして頑張りましたよ。
 作業中改めて全体を眺めてみると、遊歩道沿いに株がなく、なぜか空間が目立ちます。「どうしてないのかなぁ?病気でも入ったのかなぁ?」とつぶやいていたところ、近くにいた姫野さんが、いつものように園の手入れしていたところに「スコップを持ってきて、掘り上げて持ち帰る人がいましたよ。」と通りがかりの女性が教えてくれたとのこと。それを聞いていた会員の皆さん、絶句してしまいました。そんな方がいるとは非常に残念でたまりません。市民の方や観光客の皆さまなど、たくさんの人に史跡とともにきれいな花や植物を楽しんで欲しいと活動しているボランティアの皆さまです。どうか、絶対に抜き取るのはやめてください。今日はそんなことを願う活動となりました。


 ◎斉城先生のミニ講座
 チクシシャクナゲの芽が出ました。琺瑯(ほうろう)のトレーに1-2ミリの小さな緑の芽がたくさん出ているのを見せていただきました。
発芽させる要領は
①細かくした水苔を敷き十分水を吸わせ、それに種を蒔く。
②種が非常に小さく風があれば吹き飛んでしまうので、風に当たらないように用心して蒔く。
③まいた後はそのまま何もかぶせないこと。
④日あたりを避け、絶対乾燥させないこと。
だそうです。シダ類等極小の種をまくときも同じ要領だそうです。水苔の代わりにテイッシュペーパーを利用しても良いとのことです。シャクナゲの採種時期は秋11月だそうです。興味のある方は試してみてください。