ボランティア活動

協会で活動している3つのボランティアを紹介します

史跡解説ボランティア
「大宰府史跡解説員」

大宰府史跡解説員は公益財団法人古都大宰府保存協会の委嘱を受けたボランティアで、昭和58年4月から昭和60年3月に開催された九州歴史資料館10周年記念「大宰府アカデミー」の受講生から昭和60年3月18日に誕生しました。太宰府市を訪れる方々や在住の方々に対して「大宰府のすばらしさを多くの方々に伝えたい」という熱い思いを持って日々活動しています。財団が主催する「史跡めぐり」講座での解説や、個人やグループ・学校から依頼がある解説、また大宰府展示館・水城館・太宰府館の来館者に対して展示の解説を行っています。現在76名の解説員で活動を行っています。

万葉植栽ボランティア
「ゆづるはの会」

太宰府市には市域面積の約17パーセントを占める貴重な史跡地がありますが、公有化されたものの未整備のままの状態の土地に、ゴミが放置されるなどの事態が生じたこともありました。そこで、その史跡地を有効に活用し、また歴史の散歩道をたどる人々が、大宰府政庁などが建っていた頃の野山の風景を少しでも想像していただけるようにと、平成7年7月から「万葉の花講座」を開催し、万葉植物の勉強をし、実際に苗を植え始めたのがこの会の始まりです。平成21年度よりこの会の名称を「ゆづるはの会」としました。史跡地に彩りを添え、季節ごとに変わる万葉の草花を市民や観光客の方に楽しんで頂いています。

太宰府市文化遺産調査
ボランティア

文化庁による『文化財総合的把握モデル事業』において、太宰府市がその実施団体に選ばれ、事業の一部を保存協会が受託したことをきっかけとして、この事業に関わっていただくボランティアを平成20年に募集し、活動が始まりました。市内外のボランティアの方々が、市内に7つある小学校区を基本に、日田街道・四王寺山・東ヶ丘・御笠川を加えた11の班に分かれて調査を行い、“まちあるき”を始めることにより、それにつながる、モノ・コト・ヒトに注目しながら「調べ」「伝え」「見守る」活動を行っています。この事業を通し、社会全体での文化財の継承を目指しています。これまでに6000件を超える文化遺産が記録されています。

ボランティアの日々の活動をお伝えします

2016年5月

2016年 05月18日
平成28年度 第4回 カイノキの定植 他

ファイル 162-1.jpgファイル 162-2.jpgファイル 162-3.jpgファイル 162-4.jpgファイル 162-5.jpg

イロハカエデの新緑がきれいで、野草園のセンダンの薄紫の花が優し気に風に揺らいでいます。
 今日は女性に畑の草取りをしてもらい、きれいになった一畝に、斉城先生が学校院跡のカイノキの種から発芽育成された苗をおよそ百本程度を定植。発育が良いので、台風で倒れた先代を継ぐのは間違いないでしょう。
 別の畝にはカボチャを植え付け、地面を這わせるのは場所を取るので、男性陣が竹柵を作り、それに這わせることにしました。鈴なりに生っても壊れることはまずないでしょう。
 また別の男性二人が機械で野草園と畑の通路の草刈りをして、スッキリとなりました。
【ミニ講座】花付きのフタリシズカを提供してくれた会員さんがいて、斉城先生がそれを示しながら、ヒトリ静かとの違いを解説されました。ヒトリシズカは花穂が1本で(白い花はブラシ状)、葉が同じところから出ている(十字対生)ように見えるが、互生であること。フタリシズカは花穂が普通2本であるが、4,5本出ているものもある。葉は互生でヒトリシズカより大きいそうです。