ボランティア活動

協会で活動している3つのボランティアを紹介します

史跡解説ボランティア
「大宰府史跡解説員」

大宰府史跡解説員は公益財団法人古都大宰府保存協会の委嘱を受けたボランティアで、昭和58年4月から昭和60年3月に開催された九州歴史資料館10周年記念「大宰府アカデミー」の受講生から昭和60年3月18日に誕生しました。太宰府市を訪れる方々や在住の方々に対して「大宰府のすばらしさを多くの方々に伝えたい」という熱い思いを持って日々活動しています。財団が主催する「史跡めぐり」講座での解説や、個人やグループ・学校から依頼がある解説、また大宰府展示館・水城館・太宰府館の来館者に対して展示の解説を行っています。現在76名の解説員で活動を行っています。

万葉植栽ボランティア
「ゆづるはの会」

太宰府市には市域面積の約17パーセントを占める貴重な史跡地がありますが、公有化されたものの未整備のままの状態の土地に、ゴミが放置されるなどの事態が生じたこともありました。そこで、その史跡地を有効に活用し、また歴史の散歩道をたどる人々が、大宰府政庁などが建っていた頃の野山の風景を少しでも想像していただけるようにと、平成7年7月から「万葉の花講座」を開催し、万葉植物の勉強をし、実際に苗を植え始めたのがこの会の始まりです。平成21年度よりこの会の名称を「ゆづるはの会」としました。史跡地に彩りを添え、季節ごとに変わる万葉の草花を市民や観光客の方に楽しんで頂いています。

太宰府市文化遺産調査
ボランティア

文化庁による『文化財総合的把握モデル事業』において、太宰府市がその実施団体に選ばれ、事業の一部を保存協会が受託したことをきっかけとして、この事業に関わっていただくボランティアを平成20年に募集し、活動が始まりました。市内外のボランティアの方々が、市内に7つある小学校区を基本に、日田街道・四王寺山・東ヶ丘・御笠川を加えた11の班に分かれて調査を行い、“まちあるき”を始めることにより、それにつながる、モノ・コト・ヒトに注目しながら「調べ」「伝え」「見守る」活動を行っています。この事業を通し、社会全体での文化財の継承を目指しています。これまでに6000件を超える文化遺産が記録されています。

ボランティアの日々の活動をお伝えします

2019年2月

2019年 02月20日
平成30年度 第24回 冬季勉強会
 昨日は九州北部に春一番が吹き、やっと春を肌で感じられるようになりました。
 本日は万葉植栽の冬季勉強会の3回目で、テーマは「日本アルプスの花々」です。講師は保存協会職員の猿渡が担当しました。山登りが趣味で「日本の百名山」などの山を登山愛好者の仲間と登っています。
 講義の前段は「南アルプス」の甲斐駒ヶ岳・千丈岳、後段は「北アルプス」の槍ヶ岳・大天井岳等の高山に咲く草花を写真で紹介しました。普段、平地では見られない珍しい小花が厳しい寒さの中で健気に花を咲かせているのを知りました。
 話が佳境に入ると、花から山の話へ。槍ヶ岳は標高3180mで日本で5番目の高さがあり、見るからに厳しい山です。この山を登り、また山をこよなく愛している職員の熱い思いが皆様にも伝わったのではなないかと思います。
 冬季勉強会も今日で終わりです。3月からの屋外活動が楽しみです。

 
2019年 02月06日
平成30年度 第23回 冬季勉強会
 2月に入り立春も過ぎ、春が近づいていることが実感されます。
 今日は万葉植栽の冬季勉強会の2回目で、テーマは「大宰府史跡発掘50年と古都大宰府保存協会」です。講師は森弘子先生です。先生は太宰府発見塾塾長であり、万葉植栽ボランティアとして活動にも参加してくださっています。先生は大宰府史跡発掘が始まった昭和43年直後から発掘調査に参加し、現在も大宰府史跡に関連するいろいろな分野に携わり続けていらっしゃる方で、話されることには熱情があふれ、迫力すらも感じられました。
 大宰府政庁一帯は史跡公園として整備され、美しい歴史的景観として大切に保存されています。しかし、発掘以前の昭和43年時点では、辺り一面は畑が広がり、そこに小さな道路が一本南北に走り、その中央付近に3本の石碑がポツンと立っているという状況でした。皆さん信じられますか!?びっくりされたでしょう?史跡地に指定・保存されるということは、そこに生活基盤を持ち生活されている方々にとっては死活問題であり、発掘当初はこれに反対する人も多かったようですが、発掘が始まり、次々に明らかになっていく事実を見て、地域の皆さまは「大宰府史跡は我々が守らなければ・・・」という気運が高まり、その後は順調に進み、現在見られるような状況になりました。
 万葉植栽ゆづるはの会も、その様な中、平成7年に「史跡地に草花を育て美しい景観を作ろう!」ということで発足し、既に20年以上経過しましたが、今日の先生の話を聞き、会員の皆様は改めて「初心に帰り頑張らねば」と感じているようです。