ボランティア活動

協会で活動している3つのボランティアを紹介します

史跡解説ボランティア
「大宰府史跡解説員」

大宰府史跡解説員は公益財団法人古都大宰府保存協会の委嘱を受けたボランティアで、昭和58年4月から昭和60年3月に開催された九州歴史資料館10周年記念「大宰府アカデミー」の受講生から昭和60年3月18日に誕生しました。太宰府市を訪れる方々や在住の方々に対して「大宰府のすばらしさを多くの方々に伝えたい」という熱い思いを持って日々活動しています。財団が主催する「史跡めぐり」講座での解説や、個人やグループ・学校から依頼がある解説、また大宰府展示館・水城館・太宰府館の来館者に対して展示の解説を行っています。現在76名の解説員で活動を行っています。

万葉植栽ボランティア
「ゆづるはの会」

太宰府市には市域面積の約17パーセントを占める貴重な史跡地がありますが、公有化されたものの未整備のままの状態の土地に、ゴミが放置されるなどの事態が生じたこともありました。そこで、その史跡地を有効に活用し、また歴史の散歩道をたどる人々が、大宰府政庁などが建っていた頃の野山の風景を少しでも想像していただけるようにと、平成7年7月から「万葉の花講座」を開催し、万葉植物の勉強をし、実際に苗を植え始めたのがこの会の始まりです。平成21年度よりこの会の名称を「ゆづるはの会」としました。史跡地に彩りを添え、季節ごとに変わる万葉の草花を市民や観光客の方に楽しんで頂いています。

太宰府市文化遺産調査
ボランティア

文化庁による『文化財総合的把握モデル事業』において、太宰府市がその実施団体に選ばれ、事業の一部を保存協会が受託したことをきっかけとして、この事業に関わっていただくボランティアを平成20年に募集し、活動が始まりました。市内外のボランティアの方々が、市内に7つある小学校区を基本に、日田街道・四王寺山・東ヶ丘・御笠川を加えた11の班に分かれて調査を行い、“まちあるき”を始めることにより、それにつながる、モノ・コト・ヒトに注目しながら「調べ」「伝え」「見守る」活動を行っています。この事業を通し、社会全体での文化財の継承を目指しています。これまでに6000件を超える文化遺産が記録されています。

ボランティアの日々の活動をお伝えします

2018年3月

2018年 03月28日
平成29年度 第22回 ヒガンバナの手入れ
 今年度(H29年度)最後の活動です。ここ数日晴天が続き、桜の花も一気に満開になっています。今日は戒壇院前の参道両側に植えているヒガンバナの手入れを行いました。
 本堂に向かって右側(東側)は車の影響でしょうか、踏まれていて育ちが悪い状況です。周りの草を取り、土を掘り起こして、肥料をまき、野草園から掘り起こした球根を二十数個補植しました。山門に近いところと土塀前のところは、大きく立派な葉が伸びていましたが、雑草が取りついたところもあり、育ちも良くなく、葉が全くないところもありました。おおよその見当を付けて掘り起こし、雑草を取り除きましたが、その際、球根を傷めることもたびたび・・。そうして掘り起こした球根もやはり小さ目です。肥料はたっぷり施しましたが、今年の秋のお彼岸にどれほど咲いてくれるか心配です。しかし県道からの入り口付近には夏水仙の葉が大きく育って増えています。初夏を彩ることでしょう。

 今日は5月の陽気だそうです。少し汗ばみながらの作業となりました。植栽畑育苗園に新しい小屋が建ち、今日から皆さんに使ってもらいました。これまで木造小屋でじめじめした中で着替えをしていた会員の皆様には喜ばれています。長靴の保管場所など、さらに使いやすいように小屋の備品も整えていきたいと思います。

 作業後は満開の桜を見ながらの懇談となりました。斉城先生から九州国立博物館に寄贈・植樹したヤマザクラが花を付けたことが報告され、職員が撮影した写真を回覧しました。また、会員の大田さんからナツミカンをたくさん頂き、山内さんからは畑で育ったヤマシオナを漬け込んだ漬物をもらいました。味見した方からは「ウッ、旨い、辛みがあっていいね」と大好評だったようです。 
 次回の懇談の場は政庁跡で花見を予定しています。晴れますように!

 
  
 
2018年 03月07日
平成29年度 第21回  苗床の草取と物置小屋の設置準備
 今年初めての屋外作業です。
 これまで物置として使っていた木造小屋がスチール製の物置に変わることになり、その設置準備として基礎部分に砂利を敷きつき固める作業を男性陣7名で行いました。初めはハンマーと太い丸木杭で突いていましたが、椅子代わりに使っていたスギの丸太に、今回解体した小屋の廃材を利用して、通称「タコ」の胴突きを、鈴木さんが手早く作ってくれたので、「エンヤー、コラサ」の掛け声こそ出ませんでいたが、勢いよく作業を進められました。「基礎を俺たちが固めたぞ!」と男性陣の集合写真をパチリ。女性陣8名はツツジ・サツキをはじめとする苗床の草を丁寧に抜き取ってくれました。また、斉城先生から菜花の食べごろの時期などのお話もあったようです。
 朝のうちは「寒いなぁ~」と声が聞こえていましたが、作業しているとだんだん体が熱くなり、皆さん上着を脱ぐほどでした。
 作業後の懇親の場で、野草園の植物を紹介する札について、前回の勉強会で木札に決定していたのですが、板を木製でなく耐水性のラベルが貼れる合成樹脂製にすることで、さらに見やすい札ができるのではないかと再提案させてもらいました。
 次の活動日には物置が出来上がり、また気持ちよく活動できることを楽しみに散会しました。