ボランティア活動

協会で活動している3つのボランティアを紹介します

史跡解説ボランティア
「大宰府史跡解説員」

大宰府史跡解説員は公益財団法人古都大宰府保存協会の委嘱を受けたボランティアで、昭和58年4月から昭和60年3月に開催された九州歴史資料館10周年記念「大宰府アカデミー」の受講生から昭和60年3月18日に誕生しました。太宰府市を訪れる方々や在住の方々に対して「大宰府のすばらしさを多くの方々に伝えたい」という熱い思いを持って日々活動しています。財団が主催する「史跡めぐり」講座での解説や、個人やグループ・学校から依頼がある解説、また大宰府展示館・水城館・太宰府館の来館者に対して展示の解説を行っています。現在76名の解説員で活動を行っています。

万葉植栽ボランティア
「ゆづるはの会」

太宰府市には市域面積の約17パーセントを占める貴重な史跡地がありますが、公有化されたものの未整備のままの状態の土地に、ゴミが放置されるなどの事態が生じたこともありました。そこで、その史跡地を有効に活用し、また歴史の散歩道をたどる人々が、大宰府政庁などが建っていた頃の野山の風景を少しでも想像していただけるようにと、平成7年7月から「万葉の花講座」を開催し、万葉植物の勉強をし、実際に苗を植え始めたのがこの会の始まりです。平成21年度よりこの会の名称を「ゆづるはの会」としました。史跡地に彩りを添え、季節ごとに変わる万葉の草花を市民や観光客の方に楽しんで頂いています。

太宰府市文化遺産調査
ボランティア

文化庁による『文化財総合的把握モデル事業』において、太宰府市がその実施団体に選ばれ、事業の一部を保存協会が受託したことをきっかけとして、この事業に関わっていただくボランティアを平成20年に募集し、活動が始まりました。市内外のボランティアの方々が、市内に7つある小学校区を基本に、日田街道・四王寺山・東ヶ丘・御笠川を加えた11の班に分かれて調査を行い、“まちあるき”を始めることにより、それにつながる、モノ・コト・ヒトに注目しながら「調べ」「伝え」「見守る」活動を行っています。この事業を通し、社会全体での文化財の継承を目指しています。これまでに6000件を超える文化遺産が記録されています。

ボランティアの日々の活動をお伝えします

2012年6月

2012年 06月24日
6月20日

地元の水城小学校では、10年ほど前から6年生の社会の
時間に「まほろば探検隊」と銘打った授業があります。

「自分たちの住んでいる町の歴史や、文化を知る」ために
自分たちで目的地を決め、探検コースを作ります。
(1クラス6班に分かれて行動)

私たち解説員はそのコースについてアドバイスし、探検
コースを完成させます。

今日は4組の「まほろば探検」です。(既に1~3組は終了)
8時40分、にぎやかに出発。皆のわくわくしている様子が
よくわかりました。

ファイル 25-1.jpg
担当解説員 白石常雄、磯村文男、宮森正修
      山田乃ぞみ、林きよみ、(藤田百合子)

ファイル 25-2.jpg
いよいよ学校を出発

ファイル 25-3.jpg
皆、バスに乗るのが大好き。今日のクラスはどの班も
太宰府天満宮方面へ行くのでバスの中は満員でした。

ファイル 25-4.jpg
目的地まで楽しく会話しながら、しっかり歩きました。

今回の探検は、竃門神社、太宰府天満宮(宝物館入館)、
光明寺、観世音寺(宝蔵入館)、戒壇院、横岳崇福寺などを
班別に目的を決めて回りました。

学校に戻り一緒に給食をいただきながら、印象に残った場所や
疑問に思ったことなどについて話しました。

後日、各班の発表会が後日行われます。
解説員としてはきちんと説明が伝わったかどうかが少々
気になる所です。

2012年 06月10日
6月7日のご案内

今日は「山森会」の皆さんをお迎えし、万葉歌を読み解き
ながら、太宰府天満宮から観世音寺まで散策しました。
皆さん、とても若々しいので、年齢が80歳代と聞いて
ビックリ。以前お勤めされていた会社のOB会とのことで
会話が弾み、楽しくご案内ができました。
(担当解説員:山本呈子)

出発前に記念写真
ファイル 24-1.jpg
(左端:山本解説員)
日向に出ると暑さを感じますが、日陰に入ると爽やかで
気持ちよい日でした。
スタートの太宰天満宮では、菖蒲池に色とりどりの菖蒲が
咲き始め、散策に彩りを添えてくれました。

延寿王院を後方に…会話が弾みます
ファイル 24-2.jpg

太宰府小学校の前にある山上憶良の万葉歌碑
ファイル 24-3.jpg

観世音寺境内 国宝の梵鐘前で
ファイル 24-4.jpg

戒壇院の菩提樹がちょうど見ごろでした
ファイル 24-5.jpg
戒壇院ではちょうど菩提樹の花が真っ盛りで、境内に入ると
良い香りがほのかに漂ってきました。ばんこに腰かけて花の
鑑賞をしていると、御住職が来られて本堂で参拝させてくださり
またお寺について説明してくださいましたので、皆さん大変
喜んでおられました。

2時間の道のりには少々お疲れになったと思いますが
お礼の言葉を頂きホッといたしました。

≪太宰府市内の万葉歌碑≫
 日本で最も古い歌集「万葉集」には約4,500首のうち大宰府を
舞台にした歌が200首ほど収められています。太宰府市内には
その歌を記した万葉歌碑が現在27基あります。
大宰府展示館には所在地を記した「万葉歌碑めぐり」のマップが
あります。もちろん解説員がご案内も致しますので、万葉散策の
旅を楽しまれてはいかがでしょうか。