ボランティア活動

協会で活動している3つのボランティアを紹介します

史跡解説ボランティア
「大宰府史跡解説員」

大宰府史跡解説員は公益財団法人古都大宰府保存協会の委嘱を受けたボランティアで、昭和58年4月から昭和60年3月に開催された九州歴史資料館10周年記念「大宰府アカデミー」の受講生から昭和60年3月18日に誕生しました。太宰府市を訪れる方々や在住の方々に対して「大宰府のすばらしさを多くの方々に伝えたい」という熱い思いを持って日々活動しています。財団が主催する「史跡めぐり」講座での解説や、個人やグループ・学校から依頼がある解説、また大宰府展示館・水城館・太宰府館の来館者に対して展示の解説を行っています。現在76名の解説員で活動を行っています。

万葉植栽ボランティア
「ゆづるはの会」

太宰府市には市域面積の約17パーセントを占める貴重な史跡地がありますが、公有化されたものの未整備のままの状態の土地に、ゴミが放置されるなどの事態が生じたこともありました。そこで、その史跡地を有効に活用し、また歴史の散歩道をたどる人々が、大宰府政庁などが建っていた頃の野山の風景を少しでも想像していただけるようにと、平成7年7月から「万葉の花講座」を開催し、万葉植物の勉強をし、実際に苗を植え始めたのがこの会の始まりです。平成21年度よりこの会の名称を「ゆづるはの会」としました。史跡地に彩りを添え、季節ごとに変わる万葉の草花を市民や観光客の方に楽しんで頂いています。

太宰府市文化遺産調査
ボランティア

文化庁による『文化財総合的把握モデル事業』において、太宰府市がその実施団体に選ばれ、事業の一部を保存協会が受託したことをきっかけとして、この事業に関わっていただくボランティアを平成20年に募集し、活動が始まりました。市内外のボランティアの方々が、市内に7つある小学校区を基本に、日田街道・四王寺山・東ヶ丘・御笠川を加えた11の班に分かれて調査を行い、“まちあるき”を始めることにより、それにつながる、モノ・コト・ヒトに注目しながら「調べ」「伝え」「見守る」活動を行っています。この事業を通し、社会全体での文化財の継承を目指しています。これまでに6000件を超える文化遺産が記録されています。

ボランティアの日々の活動をお伝えします

2018年7月

2018年 07月18日
平成30年度 第11回 花菖蒲園の手入れ(H30.7.18)
 今月3日から7日にかけての雨の後、8日から連日最高気温が35℃前後の厳しい暑さが続いている太宰府市です。そんな暑さの中で、夏休み前の最後の活動日を迎えました。本来なら、育苗畑の草を取れるだけ取って終わるのですが、今日はまず、前々回から続く戒壇院裏の花菖蒲園の植付を完了させることにしました。
 斉城先生が折々に植付けをされていますが、残り僅かな部分を手分けして植込み、他の人は菖蒲園に入り込んだ砂利と、ところどころに取り残された草を取り除きました。砂利と草取の取り除きがしやすいように耕耘機で株の間を耕しました。
 幾分日陰ではありますが、作業にかかると暑さが体を攻めてきます。汗が全身から出てきます。水分補給をしますが、追い付かない感じです。「休んで水分補給を」と皆さんに声をかけますが、取り掛かった作業に区切りがつくまで・・と途中でやめる人はいません。「熱中症で倒れても当方は責任取りませんよ」、「あんたの命令でやってんだから・・」と冗談を言い合いながら、何とか手を休めてもらいました。育苗畑に移動して草取りを始めましたが、冷たいおやつが届いたのを機に今日は早めに切り上げることにしました。冷たくて甘いアイスクリームが、暑さでボーっとなった頭を覚ましてくれました。熱中症予防には「水分・塩分の補給」とよく言われますが、「糖分の補給」も欠かせないそうです。アイスクリームを口にして、なんとなく実感した感じです。
 連日熱中症で亡くなった方のニュースを見ます。屋外作業だけでなく、高温の時は屋内でも熱中症になるそうなので、皆さんも十分気を付けましょう。万葉植栽活動も8月は夏休みです。ただし、8月19日(日)に秋そばの種まきを行います。お子様連れの参加を歓迎します!9時半に蔵司西のソバ畑にどうぞ!

  

  
 
2018年 07月04日
平成30年度 第10回 花菖蒲の株分け その2
 昨日の台風第7号の嵐の後で、道路にはへし折られたクスの葉が付いた枝等が散乱していました。育苗畑近くの観世音寺では五重塔礎石横の樫の木が倒れ、造園業者が伐採処理していました。また、戒壇院では東側道路沿いの一抱え以上あるクヌギの木が根元から倒れていました。折れた根元を見ると腐って端の方が僅かに生きている状況の様でした。鐘楼や延命地蔵堂にかからなかったのが幸いでした。
 さて、今日は前回の続きで戒壇院裏の花菖蒲園で花菖蒲の株分け作業を行いました。前回掘り起こして仮植していた株を手始めに、斉城先生の説明を聞いて、剪定ばさみで切り分け、古い株根を切り落とし、葉っぱも半分以上切り落としました。菖蒲園の中は雨でジュクジュクになって、長靴をはいているものの、くるぶしの上まで埋まりこみ、株分け対象の株を掘り起こしたり、きれいに整理した苗株を仮植する穴を掘るのが大変でした。足をかえる時に「お尻をつくなよ」と檄が飛びます。汚したら、車の座席に座れません。スコップを杖代わりにしました。株分けする要領がつかめたのか、苗作りのテンポが上がります。古株を掘るのと苗の仮植が間に合いません。剪定ばさみが足りずにスコップ持ったのが運の尽き?
 男性陣が花菖蒲園で黙々と株分け作業をしている間、女性陣は育苗畑で草取りに励んでもらいました。こちらは手と口が良く動くようです。
 作業後の懇談の場で農作業時の苦労?話でカラス対策やモグラ退治をどうしたなどの話で、また女性陣の話が盛り上がります。それを聞いていた斉城先生が「株分けするとき出してもらいたかった」「楽しく愉快に作業したい」と言われ、男性陣から「いや、作業に集中するので口は動かないですね」「女性と違う」との発言に「女は頭いいから手も頭も口もよく動くのよ」と軽くいなされました。